フォト

気になるリンク

無料ブログはココログ

« STVホール名人会の思い出 円生の「死神」、ドラマ「流れ星」にも | トップページ | 父の死⑧ 葬儀&相続の極意という題名の雑誌 »

2010年12月 1日 (水)

子供のスキーの教え方 絶対やってはいけないこと、教えること

いよいよ、今年もスキーシーズンを迎えています。

我が家のスキーは「家族みんなでスキーがしたい・・」で始まりました。

Img_0070 Img_0071

まず長男、何度スキーに行っても全くうまくいきませんでした。

それから3年、いろいろ反省や方法を考えたところ、次男では成功しました。

1回もスキーをしたことがない次男は3歳で、たった1日で滑れるようになったのでした。

その秘訣を記録しておきます。

「絶対やってはいけないこと」と「必ず実施すること」の二つです

<絶対やってはいけないこと>

 ①おもちゃのスキーをはかせること (パンダスキーなど)

 ②歩かせたり、横歩きでゲレンデ登らせること 

 ③体を支えたり、余分な道具を使うこと 

 ④滑り方を教えること

の4つ、良く見ます。

このとき子供たちは、半べそで「二度とスキーには来ない!」という顔をしています。

いくら教えてもできないので、親もエキサイトして、最後には「泣かないで、ちゃんとやれ!」と怒鳴っています。

こんなの、見たくありません。

<必ず実施すること>

 ①スキーはできるだけ短いものを選ぶ(転んでも足が絡まないように)

 ②転んだときの起上がり方の練習(足を傾斜の低い方に向けてから起きる)

 ③外れたスキー板を履く練習(板を斜面に直角方向に置く練習です)

 ④緩やかな(←限りなく平らに近い)長い斜面のあるスキー場に行く

これでOKです。

子供たちをリフトに乗ってあるところまでは手を貸して行かなければなりませんが、あとは緩い斜面に子供を置いておくだけです。

<すると、どうなるか?>

すると、どうなるかというと、スキー板はゆっくり滑りだします。

のろのろ動く感じです。

Img_0069

転ばないで滑っていられて楽しいので、緊張していた手は自然と万歳をしたり手を振ったりして、こんなこともできると親にアピールします。

手を動かしていると、自然と曲がることに気が付いてくれます。

子供に体重移動やプルークのことを「ハの字」と言っても分らないので、手を広げたり体を傾けたりさせていると、自分の行きたい方向に曲がる瞬間が出てくるのを気づいてもらいます。

あとは、繰り返すだけです。リフトから平らな場所までの移動は手伝ってください。

調子が出てくると、ちょっとスピードが出て(大人が歩く程度です)びっくりすると転びます。ここで起きる練習の成果がでます。大人の手は貸さないように・・。

本当に1日で滑れるようになります。

写真は北海道の占冠村のトマムリゾートです。見てのとおり、理想的な斜面で、初めての子供にはここが一番だと思っています。

滑っているのは次男(3歳)、この日、1日で滑れるようになりました。

<我が家の場合>

長男が滑れるようになったのは、次男と同じ時でした。

長男にとって失われた3年間。

このときから6年後、二人はバッジテストで一般の1級を取得しました。

次男は小学校4年でした。

長男は、中学1年で1級、高校3年でクラウンプライズに合格し、いまでは全日本スキー技術選手権出場を果たしました。

写真は、2010テクニカルコンテストの小回り不整地(ルスツリゾート)です。

Dsc04065 Dsc04066

アルペンはやっていません。お金も時間もありませんでしたから・・・。

それでも、楽しいと思えば勝手に伸びていくのです。

親は、スキー場には連れて行きましたが、技術的なことは何ひとつ教えませんでした。

教えた事と言えば、今度は「林の中に行こうか」とか「コブでジャンプしようか」とか、面白いことをみつけてあげただけです。

「また、行きたい!」と言う瞬間が伸びる瞬間だと思います。

その長男です。

Img_0072

どのスポーツも一緒です。

息子2人のスキーとともに成長した姿はコチラです↓

http://iwamizawa.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-f77a.html

我が家の挑戦、バッチテストとスキー技術選手権↓

http://iwamizawa.cocolog-nifty.com/blog/cat22368218/index.html

« STVホール名人会の思い出 円生の「死神」、ドラマ「流れ星」にも | トップページ | 父の死⑧ 葬儀&相続の極意という題名の雑誌 »

スキー」カテゴリの記事

コメント

子供のスキーの教え方、大変参考になりました。
去年小学校1年生になった娘が今月から学校でスキー学習が始まるのでスキーを教えたいのですが、正直どういう手順で教えればいいのか戸惑っていました。
楽しみながら少しずつ教えて行きたいと思います。

いいブログをありがとうございます。
うちの体力と好奇心だけはある3歳半男の子が週末初スキーしたい!とのことで、群馬県の水上高原スキーリゾートへ行ってきます。
もう間近でスキースクールも入れず旦那さんは全く滑れない、私は、初級者コースのみの者でどうしたらいいんだろうと困っていました。なるべく平たいところで練習した方が良さそうですね。

またやりたい~ってゆってもらえるのが目標です。
初スキーで怪我などしないかが心配ですがこの通りやってみますね!
ありがとうございます!
ブログお気に入りに追加させていただきました(*^^*)

あんぬ様
コメントありがとうございます。
また行きたい!と言ってもらえる事を祈っています。

はじめまして。転勤与太郎さま。 昨年度年長からスキー始めた娘がいます。昨シーズン3回、今年7回滑りに行き、本人は負けず嫌いでメラメラしています。すごくうまくなりたい気持ちが強いことを口にします。一人っ子、川崎市高津区在住、パパはスキーは引率するのみで全くやらず雪道運転もせず、ままはシュテムターンレベル、でもささやかな娘の願いもかなえたい。今はゲレンデにいくのすら大変ですが体力に合わせ日帰りやせいぜい1泊で積み重ね、小学校3-4年くらいになって夜行バスや新幹線移動のハードスケジュールに耐えるようになったら、菅平,志賀、湯沢などに連れて行きスクールにいれてガッツリ仕込もうと思っています。ブログはスキーのところは全部読ませていただきました。ありがとうございました。

みさきママさん
コメントありがとうございます。
好きになれば、すぐに上手になると思います。
子供の成長を見るのは本当に楽しみです。
ちなみに私は現在、高津区にある会社に通勤しています。
応援します!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566652/50184962

この記事へのトラックバック一覧です: 子供のスキーの教え方 絶対やってはいけないこと、教えること:

« STVホール名人会の思い出 円生の「死神」、ドラマ「流れ星」にも | トップページ | 父の死⑧ 葬儀&相続の極意という題名の雑誌 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30